若鶏の煮込み バスク風

ポイント

鶏肉は、最初にしっかりと皮目を焼いて脂を抜いておくと、全体がカリッと焼きあがります。
鶏肉の骨にそって切り込みを入れておくと、火が通りやすく、食べる時に身ばなれが良いです。

材料

鶏肉
1羽
にんにく
6かけ
玉ねぎ
1個
ピーマン
3個
赤パプリカ
1個
黄パプリカ
1個
ホールトマト(缶詰)
300g
ブーケガルニ
1束
タイム
3枝
グリーンオリーブ
50g
白ワイン
70cc
塩、胡椒
適量
オリーブオイル
50cc
マッシュポテト
適量
  • 1

    鶏肉をさばいて食べやすく切り分け、骨にそって切り込みを入れ、塩、胡椒をふる。
  • 2

    フライパンにオリーブオイル30ccを熱してにんにくを入れる。香りがでてきたら、鶏肉を皮目から焼きはじめ、中火で両面をしっかりと焼いて皿に取り出しておく。
  • 3

    玉ねぎ、ピーマン、パプリカを薄切りにする。
  • 4

    2のフライパンに残った油を(にんにくごと)UNILLOY鍋に移し、オリーブオイル20ccを足す。3を加え塩、胡椒して弱火で炒める。
  • 5

    ホールトマトをつぶして4に加える。
  • 6

    2の鶏肉を入れて、ブーケガルニ、タイム、グリーンオリーブを入れる。
  • 7

    白ワインを加え、弱火で15分煮て塩、胡椒で味を調える。
  • 8

    * お皿に盛り付ける際は、付け合わせとしてマッシュポテトを添えると美味しいです。

磯部冬人シェフ

磯部冬人シェフ プロフィール

1975年1月20日生まれ 出身地:新潟県長岡市 東京・池袋「武蔵野調理師専門学校」卒業 東京・飯田橋「ホテル エドモント」で修行し、渡仏フランス「レストラン アランシャペル」「レストラン ピラミッド」「オテル マルチネス」等の星付きレストランで腕を磨き、帰国東京・麹町「東京グリンツイング」の料理長になる 長野県「白馬リゾートホテル ラ ネージュ東館」料理長に就任し、信州フレンチを提供する 佐渡島「Ryokan浦島 レストラン ラ プラージュ」の料理長を務める 新潟市「レストラン イソ」をオープン オーナーシェフ