里芋とタコの炊き込みごはん

里芋とタコの炊き込みごはん

ポイント

タコは炊き込むと硬くなるので、別の鍋でさっと炒めて、ホーロー鍋の余熱で馴染ませる。

材料4人分

2合
360ml
里芋
200g
蒸しタコ
200g
生姜(みじん切り)
大さじ1
にんにく(みじん切り)
小さじ1
ごま油(太白ごま油)
大さじ1
大さじ2
みりん
大さじ2
薄口醤油
大さじ2
ひとつまみ
万能ネギ
4本
白胡麻
小さじ2
  • 1

    米は洗ってからざるにあけて水気を切っておく。
  • 2

    材料を切る。
    里芋・・・水洗いして泥を落とした後、皮を剥き、一口大に切ったら塩で軽く揉み洗いする。(水洗い後、一度乾かすと剥きやすくなる。)
    蒸しタコ・・・3cm幅の薄切りにする。
    万能ネギ・・・小口切りにしておく。
  • 3

    ホーロー鍋に米と水、塩をひとつまみ入れて、最後に里芋を並べ、蓋をして中火で沸騰するまで加熱する。(約3分)沸騰したら弱火にし10分炊く。
  • 4

    フライパンにごま油を熱し、にんにくと生姜を入れる。香りが立ったら蒸しタコを加えてさっと絡ませてから酒、みりん、薄口醤油を入れ、全体に馴染ませてから火を止める。(中火)
  • 5

    ごはんが炊き上がったら、(4)を上に乗せて蓋をし、余熱で蒸らす。(5〜10分) 里芋とタコの炊き込みごはん
  • 6

    里芋が潰れないように、ふんわりとかき混ぜて出来上がり。仕上げに万能ネギと白胡麻をふりかける。

清野朱美先生

清野朱美先生 プロフィール

株式会社 ハートマルシェ 代表取締役 / 日本野菜ソムリエ協会認定 新潟地域校 代表 / ・シニア野菜ソムリエ / ・ベジフルビューティーアドバイザー / ・キッズ野菜ソムリエ育成認定講師 新潟市食育マスター認定講師 / KINOHベジフルラボ 代表 / 「健やかに暮らせる優しい社会を食環境から創造したい」という想いから【季節の野菜でおいしく楽しく美しく♪】を合言葉に様々なシーンから魅力を発信中!経営しているカフェスペースで、日本野菜ソムリエ協会認定の新潟地域校を運営し、地域の野菜ソムリエ育成をサポート。新潟の野菜と果物を魅力的に発信してくれる仲間を拡大中。