茄子の源平煮

茄子の源平煮

ポイント

UNILLOY鍋は、油を入れて揚げ物にも使用できます。蓄熱効果が高いので、温度が下がりにくく、温度が一定に保てます。皮つきの藍色のナスが源氏、皮をむいた翡翠色のナスが平氏を表した色彩美しい日本料理です。

材料5人分

ナス
10本
しし唐
10個
サラダ油
適宜

A

だし汁
200㏄
醤油
50㏄
みりん
50㏄
生姜汁
大さじ1
糸かつお
適宜
  • 1

    ナスはヘタのまわりにぐるりと切り込みを入れ、ガクを切り落とす。
  • 2

    UNILLOY鍋にサラダ油を入れて、180℃に熱し、①のナスを3~4分揚げる。
  • 3

    中心まで火が通ったら、すぐに氷水にとり、熱いうちに5本は皮をむく。
  • 4

    しし唐はヘタを落とし、竹串で穴をあけてからさっと素揚げする。
  • 5

    UNILLOY鍋にAのだし汁、醤油、みりんを合わせ一煮立ちさせる。
  • 6

    ③の2色のナスを入れ、落し蓋をして7~8分煮る。
  • 7

    ④のしし唐を加え、生姜汁を絞って火を止める。
  • 8

    器に盛り付け、糸かつおをあしらう。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。