豚肉とあさりのアレンテージョ風

豚肉とあさりのアレンテージョ風

ポイント

熱伝導率の優れたUNILLOY鍋は、肉を焼き付けてもこびりつきが少なく、そのまま蒸し煮にも最適です。豚肉にあさりの旨みを加えた海と山の幸をうまく活かした、手軽なポルトガル料理。

材料5人分

豚肩ロース肉(ブロック)
500g
天然塩
1%(5g)
アサリ(殻つき)
300g
玉ねぎ
1/2本
セロリ
1/2本
エリンギ
100g
カリフラワー
1/2株
プチトマト
10個
オリーブオイル
適宜
ニンニク
1片
赤唐辛子
1本
白ワイン
100㏄
適宜
胡椒
適宜
パセリ
適宜
EXVオリーブオイル
適宜
  • 1

    豚肉は1%の天然塩をすり込み、常温で30分以上置き、水分が出てきたらペーパータオルなどでふき取り、大きめのそぎ切りにする。
  • 2

    砂抜きしたアサリは殻と殻をこすり合わせて流水でよく洗う。
  • 3

    玉ねぎ、セロリはスライス、エリンギは食べやすい大きさに切る。
  • 4

    カリフラワーは小房に分け、プチトマトはヘタを取って縦に半部に切る。
  • 5

    UNILLOY鍋に、オリーブオイルとつぶしたニンニクをいれて弱火で加熱する。
  • 6

    ニンニクがキツネ色になり、良い香りがしてきたら①の豚肉を入れて中火で焼き付ける。
  • 7

    ③④の野菜を加え、しんなりとするまで炒める。
  • 8

    ②のアサリを入れ、白ワインと赤唐辛子を加えて蓋をして中火で約15分蒸し煮にする。
  • 9

    塩・胡椒で味を調え、パセリのみじん切り、EXVオリーブオイルを回しかける。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。