牛肉とごぼうの炊き込みご飯 ビビンバ風

牛肉とごぼうの炊き込みご飯 ビビンバ風

ポイント

UNILLOY鍋は蓄熱性、保温性に優れ、重みのある蓋で密閉性が高まるので白米の炊飯はもちろん、炊き込みご飯のアレンジも様々楽しめます。牛肉と相性のよいゴボウを炊き込んで、ごま油やコチュジャンで味付けし、韓国風の一皿に。

材料4人分

2合
380㏄
牛薄切り肉
100g
ゴボウ
1/2本
ニンニク
1片
コチュジャン
大さじ1

A

醤油
大さじ2
大さじ2
小さじ1/2

B

胡椒
適宜
ごま油
適宜
4個
万能ネギ
3~4本
キムチ漬け
100g
コチュジャン
適宜
サラダ油
適宜
  • 1

    米は研いでから30ほど浸水させ、ザルに上げて水気を切る。
  • 2

    ゴボウは笹がきにし水に放してアクを抜き、ザルにあげて水気をよく切る。
  • 3

    フライパンにごま油とニンニクの薄切りを入れて弱火で加熱する。
  • 4

    よい香りがしてきたら、ざく切りに牛肉と②のごぼうをさっと炒め、Bで味付けする。
  • 5

    UNILLOY鍋に①の米と分量の水、Aの調味料を入れてよく混ぜる。
  • 6

    ④の具材をのせて蓋をし中火にかける。
  • 7

    沸騰して湯気が勢いよく出てて来たら、火を極弱火にして15分加熱する。
  • 8

    火を消して10分蒸らす。
  • 9

    しゃもじでなべ底から大きくかき混ぜ、器に盛り付ける。
  • 10

    お好みで半熟に焼いた目玉焼き、キムチ漬け、万能ねぎの小口切り、コチュジャンをトッピングする。
  • 11

    スプーンでよく混ぜていただく。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。