苺のカスタードソースかけ

苺のカスタードソースかけ

ポイント

UNILLOY鍋は蓄熱・保温効果に優れているので、デリケートなお菓子のソース作りにも最適です。カスタードクリームは沸騰したら火から外して、余熱で火入れするとなめらかなしあがりになります。

材料

1パック
ラズベリー
適宜
ブルーベリー
適宜
牛乳
150㏄
バニラビーンズ
1/2本
卵黄
2個
グラニュー糖
50g
薄力粉
10g
キルッシュ
適宜
  • 1

    UNILLOY鍋に牛乳と、種をしごいたヴァニラビーンズを入れて火にかける。
  • 2

    ボールに卵黄とグラニュー糖、薄力粉を入れて泡だて器でよくすり混ぜる。
  • 3

    ①の牛乳を少しずつ加えて混ぜる。
  • 4

    網で濾して、再びUNILLOY鍋に戻し入れる。
  • 5

    中火にかけて、ゴムベラで絶えず混ぜて加熱する。
  • 6

    ぽこぽこと中央から沸騰してきたら、素早く火から下ろしゴムベラで混ぜながら余熱で火を入れる。
  • 7

    好みでキルッシュなど洋酒を加え混ぜ冷やす。
  • 8

    苺はヘタを取り、ラズベリー、ブルーベリーと一緒に盛り付ける。
  • 9

    ⑦のカスタードソースをたっぷりとかける。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。