手羽先揚げ名古屋風

手羽先揚げ名古屋風

ポイント

カリッと揚げた手羽先に甘辛いタレをからめた、名古屋の定番料理をご家庭で。揚げたてはもちろんのこと、冷めても美味しいので、お弁当のおかずや、ビールのおつまみに最適です。UNILLOY鍋は軽量なので、揚げ物の後の油の処理も手軽です。上手に使いまわして、揚げたり煮たりと大活躍の鍋です。

材料4人分

鶏手羽先
12本
塩・胡椒
適宜
片栗粉
適宜
揚げ油
適宜
白胡麻
適宜
黒胡椒
適宜
キャベツ
適宜

A

醤油
大さじ2
みりん
大さじ2
大さじ1
砂糖
大1/2
ニンニク(薄切り)
1片
生姜(薄切り)
1片
  • 1

    鶏手羽先は塩・胡椒をふってすり込んでから、片栗粉をまぶす。
  • 2

    UNILLOY鍋に油を入れ、160℃~170℃に熱して3~4分揚げる。
  • 3

    一度バットに取り出し、5分ほど置く。
  • 4

    揚げ油の温度を180℃に上げ、③の鶏手羽を1分ほど2度揚げする。(揚げ油は熱いうちに濾すと、酸化せず繰り返して使える)
  • 5

    きれいに洗ったUNILLOY鍋にAのタレの調味料を鍋に合わせ、一煮立ちさせる。
  • 6

    火を止めて、④の揚げたての鶏手羽を入れてからめ、白胡麻と黒胡椒をふる。
  • 7

    器に盛りつけ、3~4cm角に切った生キャベツを添える。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。