トリッパ

トリッパ

ポイント

UNILLOY鍋は蓄熱・保温効果の高さが自慢です。手の込んだ煮込み料理もおいしく出来ます。前日に、香味野菜と一緒に下茹でしておき、翌日ソフリットを炒めるなど、時間配分をうまくすれば難しいこともありません。

材料

ハチノス(牛の第二胃)
800g
適宜
オリーブオイル
適宜
ローリエ
適宜
塩・胡椒
適宜

A

玉ねぎ
1個
人参
1/2本
セロリ
1本
パセリの軸
2~3本
ローリエ
1枚
黒粒胡椒
10粒

B

人参
1/3本
玉ねぎ
1個
セロリ
1本
ニンニク
1片
唐辛子
2本
白ワイン
1カップ
トマトの水煮
1缶
400㏄
セロリ
1本
パセリのみじん
適宜
バゲット
適宜
  • 1

    ハチノスはよく水洗いし、熱湯でさっと茹でて臭みとアクを取り除き、ざるにあげる。
  • 2

    UNILLOY鍋にたっぷりの水とAの大き目に切った香味野菜、①のハチノスを入れて弱火で約3時間茹でる。
  • 3

    柔らかく茹であがったハチノスは短冊切にする。
  • 4

    Bの玉ねぎニンジンセロリ、ニンニクをみじん切りにする。
  • 5

    UNILLOY鍋にオリーブオイル、ニンニクみじん切り、唐辛子を入れて弱火で加熱する。
  • 6

    ④の野菜を中火でじっくりと炒める。(ソフリット)
  • 7

    ③のハチノスを加えてさっと炒めたら、白ワインを加えて強火でアルコール分を飛ばす。
  • 8

    つぶして種をとったトマトの水煮、水を加えて強火で加熱する。
  • 9

    沸騰したらアクを丁寧に取り除き、短冊切にしたセロリを加えて中火で30分煮る。
  • 10

    塩・胡椒で味を調える。
  • 11

    器に盛りつけ、パセリのみじんをちらし、トーストしたバゲットを添える。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。