デザインへのこだわり

good_design
2015年 レッド・ドット・デザイン賞 「ベスト・オブ・ベスト」受賞
2014年 グッドデザイン賞受賞

pot_group

国内外で、2つのデザイン賞を受賞。

2015年には、世界でも権威あるデザイン賞として知られる「レッド・ドット・デザイン賞」※1のプロダクトデザイン部門で、最高賞の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞。(ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター主催)2014年には、よいデザインの指標「Gマーク」を付けることが認められる、「グッドデザイン賞」※2 を受賞しています。(日本デザイン振興会主催)

詳しくはこちら▼

安定感抜群の、
取っ手。

[UNILLOY] は細部まで考えぬかれた、機能的なデザインも魅力です。 例えばなだらかに下向きのラインを描く取っ手は、人間工学に基づいてデザインされたもの。 鍋をバランス良く支えられるポイントを探し、角度を調整しました。 考えぬかれた設計と手にしっくりなじむ使用感は、調理中・テーブル セッティング・後片付けなど、どのシーンでも [扱いやすい] と実感できることでしょう。

継ぎ目がない、
一体型デザイン。

溶かした金属を型に注いでつくる鋳物の特徴。それは一体成型ができること。 [UNILLOY] は鍋本体から取っ手まで継ぎが目なく、するりと[美しい曲線] を描いています。このような一体型のデザインは耐久性に優れているほか、洗い物の際もスムーズでストレスを感じにくいというメリットがあります。

旨みが循環する、
蓋の仕組み。

蓋の内側には、中心から波紋のように広がる [4つの凹凸] が施されています。 食材の水分は加熱されると一度蒸気となって立ち上ります。この蒸気はいわば、食材の旨みや香りが凝縮したスープのようなもの。 [4つの凹凸]は蓋にたまった蒸気を水滴として鍋の中に均一に落とすことで、豊かな滋味を再び食材に戻す[旨み循環システム] の役割を果たしています。
デザインへのこだわり

鍋ごとオーブン加熱もOK!

オーブンに使用できる耐熱性。ブロック肉などの大きな食材にも、中までしっかり火が通ります。
デザインへのこだわり

片手で持てる軽さ

鋳物ホーロー鍋史上、はじめての軽さです。
デザインへのこだわり

サビない鍋フチ

ホーローを施しているので、お手入れが簡単です。

デザインへのこだわり

そのままテーブルへ

テーブル・サーブ時も、違和感のないデザインです。
デザインへのこだわり

場所を取らない蓋

取っ手に引っ掛ければ、置き場所に困りません。(深型のみ)

デザインへのこだわり

※1 レッド・ドット・デザイン賞

革新性、機能性、品質、人間工学、持続可能性、象徴性など9つの基準で審査され、特に優れている作品に「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を授与。 2015年は56か国4,928件の応募のうち、81件が「ベスト・オブ・ザ・ベスト」に選ばれました。
デザインへのこだわり

※2 グッドデザイン賞

暮らしや産業、そして社会全体をより豊かなものへと導くことを目的とした「総合的なデザインの奨励制度」。デザインをあらゆる領域にわたって審査し、2014年はのべ3,601件の応募のうち、1,258件が当デザイン賞に選ばれました。

山田耕民

山田耕民 プロフィール

1947年、東京都生まれ。育英工業高等専門学校(現サレジオ工業高等専門学校)工業意匠学科卒業。高等学校のヘンドリックス神父の紹介により、千葉大学工業意匠学科意匠科に助手として入職し、デザインコンセプト・モデリングなどを学ぶ。1983年に発表されたグローバルナイフは世界的に評価され、今も世界で愛されつづけている。