シーフードと野菜のハーブ焼き

シーフードと野菜のハーブ焼き

ポイント

塩を振ることで野菜から水分が出るので、仕上がりは魚介類の旨みと絡んでしっとりとしています。野菜によって火の入るスピードが変わって来ますので、火が入り難い野菜は予め薄く切っておきます。ブロッコリーのような緑色の野菜は火が入ると変色しやすいので、加熱時間は短く調整します。

材料2人分

真鯛等
1尾
エビ(殻付き)
2尾
ハマグリ
3枚
じゃがいも
1個
カボチャ
20g
サツマイモ
20g
パプリカ
1/2個
エリンギ
1本
シメジ
1/4株
ミニトマト
3個
ブロッコリー
1/4株
イタリアンパセリ(みじん切り)
小さじ2
ニンニク(みじん切り)
小さじ1
オリーブオイル
大さじ2
セージ
適量
ローズマリー
適量
塩(岩塩)
少々
白ワイン
大さじ2
レモン(スライス)
1枚
ブラックペッパー(お好み)
オーブンシート
  • 1

    材料を切る。
    【A】野菜は食べやすい大きさに切っておく。(キノコ類は手でほぐす。)
    【B】魚介類は下処理をしておく。(砂抜き等)
    【C】イタリアンパセリ、ニンニクはみじん切りにしておく。
  • 2

    器にオリーブオイル、【C】を合わせておく。
  • 3

    鍋にオーブンシートを敷いてから、魚介類、ブロッコリー以外の野菜を彩りよく並べる。
  • 4

    材料に塩を振ってから(2)を全体にに回しかけて、ローズマリーとセージを添えてから加熱する。
  • 5

    鍋が熱くなったら白ワインを全体に回しかけ、蓋をして蒸し焼きにする。(弱火で20分程度)※出来上がる5分前にブロッコリーを加える。 シーフードと野菜のハーブ焼き
  • 6

    蓋を開けて、レモンを添える。(お好みでブラックペッパーをかける。)※鍋敷きを用意し、そのまま食卓で取り分ける。

清野朱美先生

清野朱美先生 プロフィール

株式会社 ハートマルシェ 代表取締役 / 日本野菜ソムリエ協会認定 新潟地域校 代表 / ・シニア野菜ソムリエ / ・ベジフルビューティーアドバイザー / ・キッズ野菜ソムリエ育成認定講師 新潟市食育マスター認定講師 / KINOHベジフルラボ 代表 / 「健やかに暮らせる優しい社会を食環境から創造したい」という想いから【季節の野菜でおいしく楽しく美しく♪】を合言葉に様々なシーンから魅力を発信中!経営しているカフェスペースで、日本野菜ソムリエ協会認定の新潟地域校を運営し、地域の野菜ソムリエ育成をサポート。新潟の野菜と果物を魅力的に発信してくれる仲間を拡大中。