パイナップルのコンフィチュール 黒胡椒風味

パイナップルのコンフィチュール 黒胡椒風味

ポイント

コンフィチュールは強火で短時間で仕上げるのが、色と香りを損なわないポイント。UNILLOY鍋は、耐熱性に優れるので強火で煮ても鍋当たりがよく、焦げ付かずに加熱が可能です。トーストはもちろん、ヨーグルトやアイスクリーム、肉料理のソースにもよく合います。パイナップルはエキゾチックな香りの黒胡椒と相性が抜群です。

材料

完熟パイン
900g(皮と芯を取った状態で)
グラニュー糖
300g(果肉の30%)
黒粒胡椒
10粒
レモン汁
大さじ2
  • 1

    完熟のパイナップルは天地を切り落とし、縦に8等分して皮と芯を取り除き、1㎝厚さにカットする。
  • 2

    果肉の重さをはかり、重量の30%のグラニュー糖をまぶしてしばらくおく。
  • 3

    水分が出てきたら、UNILLOY鍋に移して強火で加熱する。
  • 4

    沸騰したら白いアクを取り除きながら、強火で煮詰める。(目安は7~8分。弱い火で長く煮ると、色や香りが飛んでしまう)
  • 5

    透明感が出て、ゼリー状のとろみが出てきたらレモン汁と、粗くつぶした黒胡椒を加えて火を止める。(温度計を使用する場合は、103℃~105℃)
  • 6

    熱いうちに、殺菌した瓶などに入れ軽く蓋をして逆さまにし、冷めたらしっかりと蓋を回し閉める。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。