イチジクのコンフィチュール ローズヒップの香り

イチジクのコンフィチュール ローズヒップの香り

ポイント

コンフィチュールをフルーツの香りを残して、色鮮やかに煮るポイントは高温で短時間で仕上げること。UNILLOY鍋は熱伝導率もよく、蓄熱効果も高いため、コンフィチュール作りに最適です。週末の朝など、季節のフルーツを甘さ控えめにさっと煮て、気軽に楽しみましょう。ローズヒップの鮮やかな赤が無花果をきれいに染めた秋色のコンフィチュールです。

材料

イチジク
5個
グラニュー糖
重量の30%
ローズヒップティー(ティーパック)
2パック
レモン汁
大さじ1
パン
適宜
クリームチーズ
適宜
  • 1

    イチジクはよく洗って水気を切り、皮付きのまま4つ割りにし重量の30%のグラニュー糖をまぶす。
  • 2

    一緒にローズヒップティーのティーパックを入れて半日ほど置く。
  • 3

    イチジクから十分に水分が出てきたら、ティーパックごとUNILLOY鍋に鍋に移す。
  • 4

    火にかけ、強火で4~5分アクを取りながらとろりとするまで煮詰める。
  • 5

    軽くトーストしたパンにクリームチーズを塗り、イチジクのコンフィチュールをのせる。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。