丸十おこわ(さつま芋おこわ)

丸十おこわ(さつま芋おこわ)

ポイント

UNILLOY鍋は蓄熱効果、保温効果に優れるため、もち米の炊飯にも最適です。もち米は浸水せずに、洗ったらすぐに炊くとべたつかず、ふっくらしゃきっと仕上がります。サツマイモの特産地、旧島津藩の家紋、丸に十は、サツマイモの切り口に似ていることから、サツマイモの料理を丸十という。

材料

サツマイモ(細め)
200g
もち米
2合
350cc
大さじ2
小さじ1/2
黒胡麻
適宜
  • 1

    サツマイモは皮つきのまま、7mmほどの輪切りにし、流水でもみあらいしてアクを取り除く。(水が透明になるまで洗い、表面のでんぷん質を落とすと、きれいな黄色に仕上がる。)
  • 2

    もち米は洗ってすぐに水気をよく切り、UNILLOY鍋に入れ分量の水と調味料を加え混ぜる。
  • 3

    ①のサツマイモの水気を切り、➁の米の上にのせて浸水せずにすぐに火にかける。
  • 4

    中火で加熱し、湯気が勢いよく上がってくるまで沸騰させる。
  • 5

    火を弱めて15分加熱し、火を消して10分蒸らす。
  • 6

    炊き上がったらサツマイモだけそっと取り出し、濡らしたしゃもじでなべ底から大きくかき混ぜる。
  • 7

    器におこわを盛りつけ、サツマイモをのせて、お好みで黒ゴマを散らす。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。