黒豆

黒豆

ポイント

1、味のついた温かい煮汁で豆を戻す湯戻し方法で作ると失敗がない。
2、しわが寄らないように、たっぷりの煮汁の中で決して煮立てないように優しく火入れする。
3、さび釘や鉄塊を入れて、黒豆のアントシアニンを発色させて定着させる。
4、UNILLOY鍋の保温効果の良さは超とろ火調理にも本領発揮。

材料

黒豆
300g
2000㏄

A

砂糖
300g
醤油
大さじ2
小さじ1
重曹
小さじ1/2
  • 1

    黒豆は洗ってざるにあげる。割れていたり、皮が破れたものは取り除いておく。
  • 2

    UNILLOY鍋に水とAの調味料、さび釘(鉄塊など)を入れて一煮立ちさせる。
  • 3

    火を止めて、①の豆を②の温かい煮汁に入れて一晩置いて豆を戻す。
  • 4

    翌日、③のUNILLOY鍋を火にかけ、沸騰したらアクを丁寧に取る。
  • 5

    火加減は極弱火にし、落し蓋をしてからさらに蓋をして2~3時間煮る。
  • 6

    火を止めて鍋ごと冷まし、翌日再び極弱火にかけ2~3時間煮る。
  • 7

    これを数回繰り返す。

高橋知子先生

高橋知子先生 プロフィール

1971年、新潟県三条市生まれ。1998年より三条市内で、少人数制・サロンスタイルの料理教室「ラ・キュイエール・トモ」を主宰。燕三条地域で採れた旬の食材を使い、フレンチ・イタリアン・和食・中華・スイーツなど幅広いジャンルの家庭料理をわかりやすく紹介している。また四季折々の華やかなテーブルコーディネートにもファンが多い。